ある日曜日。

2010-04-26

仕事に集中できなくて、
だらだら過ごした。
夕方から、太鼓や鐘や爆竹の音が大きくて
なんだとうと見に行く。
MAYUMIの旅びと生活。-100425-1
なぜか人の列。その先には・・・・・
MAYUMIの旅びと生活。-100425-2
ネオンのついたおみこしが通る前に、しゃがみこんだ人の列ができていて、その上をおみこしが通る。
おばちゃんたちが、しゃがみこんだ人たちの背中をたたいていた。
MAYUMIの旅びと生活。-100425-3
こんな巨人の神様2人が踊っていた。
前に来たときも、この時期にこんな行列を見たような……。
一瞬、にぎやかだったが、すぐに通りすぎて、まだ静かになった。
でも、どうも気合が入らない。
ここのところ、ずっと。
そして、気づいたのだ。
いまさら、という感じではあるが、この書斎は、目の前が開けすぎているのではないだろうか。
ながめがいいのはいいけれど、これまで狭い部屋で、壁にむかって仕事をしているほうが集中できたような。
風水的にどんなもんだろうか(台湾にいると、つい、そっちの方向に行ってしまう)。
家に来たことのある友人に電話で話したら、
「そうそう、その部屋って透明のガラスに囲まれてるでしょ。それに背後に入り口があるのって落ち着かないのよ」
と言われた。
人は、後ろに戸がある場合、背後から襲われる危険性を感じるのだという。
そんなDNAを、何万年も受け継いでいるのかもしれない。
今度、風水の先生にきてもらって詳しく見てもらおう。
ともかく、夜になって模様替え。
壁に向かって座るようにして、右に開けた景色、左にドアとしたら、意外と落ち着くみたい。
よし。明日に期待して、今日は寝るとしよう。
(本当は朝までしたいけれど、眠くて眠くて、記憶が遠のきそう~~~((+_+))
本気でやっているのか。ワタシ。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail