いい仕事とは

2012-04-02

今日から新年度の仕事が始まる。

入社式だった人、新しい職場になった人も多いんじゃないだろうか。

今日、ニュースを見ていたら、石原都知事が入庁式?で、新人職員にこんなことを言っていて

なるほどと思う。

「みなさんには、“いい仕事”をしてもらいたい。

 いい仕事とは、これまでだれもやらなかったことをやること」

(正確ではありませんが、意味はこんな感じ)

新人だったら

「だれもやらないこと」ができる人なんて、一握りにすぎないんじゃないの?

なんて思うかもしれない。

でも、どんな小さな仕事にも、「だれもやらなかったこと」を見つけることはできる。

働き始めて3年は、理想と現実のギャップにあれこれ悩む。

先が見えなくなって、不安になったり、焦ったりもする。

「これでいいんだろうか」

「これって意味があるのか」

「もっとほかの選択があるんじゃないか」と。

でも、そのときにやっている「つまらないと思う仕事」

「意味がないと思う仕事」「面倒な仕事」の数々は、

あとから、“いい仕事”の土台になっていることに気付く。

3年は人生の修業期間のつもりで踏ん張ってほしい。

(例外もあり。本当にひどい会社もあるので・・・)

3年経ったら、視界がだいぶ開けていて、

そこに新しい景色が広がっているはずだから。

photo:01


↑これまでお世話になった台湾のドリンク剤と漢方薬。

そろそろ手放せそうです・・・

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail