この画像は子どもに有害?

2010-03-26

台湾に来てから、すっかり朝型になった。
朝のひんやりした空気のなか、温かいお茶を飲みながら
今日は、なにをしようかと
(ほとんどは仕事と用事なのだけど)
考えるのが楽しい。

MAYUMIの旅びと生活。-100326-1

これは書斎から見える朝の眺め。
6~7時は、マンションの影が伸びて見える。
8時になると、太陽が高くなって、もう影は見えず……
あ。網戸の上から撮ってしまった。
台湾は、暑かったり、寒かったりの振れ幅が大きくて
昨日は、厚手の上着が必要なほどだった。
タンクトップでもいける日もあるのに。
さて、今朝、動画ニュースを見たら、
こんな記事が。
「台湾の国会乱闘シーン『有害』。TV局に罰金」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100326/20100326-00000020-nnn-int.html
以下、記事から……
台湾のテレビ局幹部によると、今年1月、立法院の審議で与野党が激しく対立して議場内でもみ合うなど乱闘騒ぎとなった様子がニュース番組で大きく報じられた。これを受け、メディアを監督する国家通信放送委員会は25日、放送した民放2社に対して約90万円の罰金を支払うよう命じた。罰金の理由について、委員会は「暴力的な映像に対する処理が不適切で、子供に有害な映像を放送した」と説明したという。

 一方、テレビ局側は「報道の自由への侵害だ」と批判していて、議場での体を張った対立が当局とメディアとの対立にまで発展している。

「子どもに有害」という線引きは、
その国の文化、習慣、考え方のちがい、
時代性もあり、難しい。
ただ「真実を知りたい」という人々の気持ちに
応えるのもメデイア。
この映像がどんなふうに扱われて、
どんなふうに報道されたのか気になる。
そして、なぜこんなことになったのかも。
映像の暴力性にだけ視点をおくと、
本当はなにが問題だったのか?
という本質が見えなくなる。
最近、テレビを見ていなかったが
台湾のニュースも見ることにしよう。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail