その人はいい人? 悪い人?

2008-10-18

昨日、ある方と「篤姫」の話をしていて、話題になったのは

篤姫が水戸藩に井伊直弼の暗殺を指示をしたという黒幕説。

夫・家定を毒殺したのも篤姫?という説もある。

でも、家定を暗殺しては、篤姫の立場が悪くなるからこの説は「?」。

数年の間に、将軍や大老など用心が何人も亡くなったのだから、

いろいろな人が疑われてもしかたがない。


さて、篤姫はこれまで、小説やドラマなどの主人公になることはなかった。

出てきたとしても、嫁の和宮をいじめるお姑さんとしての脇役。

あまりいいイメージではない。


しかし、大河ドラマの影響もあるが、

私は篤姫がそんなに悪い人には思えないのだ。

自分のことばかり考えている女性であれば、

徳川家を放り出して、自分だけ助かる道もあったはずだ。

大奥なきあとも、和宮の思い出をたどる旅をしたり、

姑の世話をしたりしているではないか。


歴史的な人物は、見方によって、悪い人、いい人、

どちらにも描かれる。

戦争のリーダーが、母国ではヒーロー、

対戦国では、極悪人だったりする。

敗戦してしまえば、どちらに対しても「悪人」。

近代史においても。

いまとなっては、真相は藪の中だし、

小説やドラマでは、悪人、善人を決めたほうが

ストーリーがわかりやすいし、盛り上がる。

が、現代の日常でも、悪人、善人と勝手に決めつけてしまう傾向があるんじゃないだろうか。


ニュースやワイドショーでは、人の荒さがしをして、

よくない部分が見つかると、「悪い人」としてみんなでたたく。

まるで、権力をもった大人のいじめのよう。


私たちの生活においても、「悪い人」「いい人」は時々現れる。

たとえば、すごーく嫌な上司。

いつも人に当たってばかりで、自分に甘い人。

でも、その人の子供にとっては優しいパパなのかもしれないし

旧友には「気分やだけど、面倒見のいいヤツ」で通っているかもしれない。


見方を変えれば、いろんな側面がある。

悪人だけの人もいないし、善人だけの人もいない。



人ってそんなに単純なものじゃない・・・・・・よね?



081018-1

↑湘南の夏の海



Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail