だれにもいい波はやってくる!

2010-04-24

昨日、南台湾は久しぶりの雨が降って、寒かった。
関東地方も寒い日が続いているようだ。
温暖化というけれど、今年は4月になっても寒い(日本のことね)。
人間の体温と同じで、地球も暑かったり寒かったりで、バランスを保とうとしているのではないだろうか。
さて、2月ごろ、本を書くために、仕事で輝いている女性たちにインタビューした。
彼女たちには、いくつかの共通点があるのだけど、そのひとつが「波に乗っていること」。
波=チャンス
ぐずぐずしている間に「あー、また波がいっちゃった」と見逃したり、「もっといい波が来るかもしれない」と待っていて、ずっと来なかったり……ということもある。
だから、小さな波でもいいから、とりあえず、乗ってみることだ。
そのうちに、どんな波に乗ればいいかもわかってくる。
不思議といい波を引き寄せられるようになってくるし、あれこれやっているうちに、波を生かすためのスキルも身についてくる。
私も「波に乗っていますね」と言われることがあるけれど、二十代は(三十代前半も?)、まったく乗れていなかった。
何度もおぼれかけて、自己嫌悪になることの繰り返し。
そのうち、やっとおぼれなくなって、少しずつ波に乗れるようになってきて……。
でも、スムーズにいくときほど、足元をすくわれないように気をつけることも必要。
だれのもとにも、波はやってくる。
それに乗るためのポイントは、考え過ぎないこと。
波乗りの感覚は、体で掴むしかない。

MAYUMIの旅びと生活。-100424-1

↑台湾の小さなお寺の屋根。あちこちに、いろんな神様がいて、楽しい!


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail