ちょっとした人生の決断

2008-07-20

ちょっとした決断。
それは、9月から台湾の大学院(国立屏東商業技術学院応用言語学科修士課程)に留学すること。
その理由は・・・
●中国語と英語が流暢に話せ、聞けたら、あとの人生、面白いものになる!
●台湾の専門家になり、台湾の情報を日本に伝える
●台湾の中の日本を取材する(日本統治時代の名残、若者文化、日本語教育など)
●台湾と日本の架け橋になる
●いまの日本を外側から見つめ、日本の人々にエールを送る!
などなど。
あと、単純に、人も気候もあったかい台湾が大好きなこと。
少ない生活費で、住環境、食べ物など、ゆたかな生活がおくれること。
旅をするように生活するのが性に合っていること・・・
ちょうど、本を出したばかりなので、出版社の相談役におそるおそる言ったら、
「それも、あなたのウリになるよ。それに、台湾でも本は書けるでしょ」
とありがたいお言葉。
器の大きさを感じた。
これほど、著者のことを考えてくれる出版社って、私の知る限りではない。
国立屏東商業技術学院は、昨年2カ月ホームステイして以来、
何度か行っている屏東県にある。
台湾のいちばん南。
自然が豊かで果物がおいしい。
(いまの時期は、マンゴーがいっぱい!)
心優しく、情にあつい人々が、笑顔で暮らす場所だ。
本当は語学1年、大学院2年だけど、
単位をとるのに、もうちょっとかかるかも。
まあ、いい人生はまだまだある。
ゆっくりいこう。
最初の1年は、大学院の授業が中国語で受けられるよう、中国語の勉強。
何度も行くたび、中国語ができるたら、
台湾の人たちの気持ちがもっとわかるのに・・・
と思っていたのでがんばろ。
でも、ときどきひょっこり日本に帰ってくるつもり。
だって、とっても近いし、日本も大好きだから。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail