はにわきみこのリアル・ピントン旅行記&台湾行きチケット

2008-08-17

台湾屏東県にホームステイした日本人作家仲間であり漫才コンピ(?)、

そして、いまはフリーランスライターの先輩として、私の私設アドバイザー(ボランティアで・・・^^;)、はにわきみこさん。

彼女の書いた屏東(ピントン)旅行記が台北ナビに掲載された。

http://www.taipeinavi.com/communi/toko_article.php?id=3

なつかしい…屏東の生活。

あ、もうすぐ、行くんだった。

やはり、実感なし。

台湾へのチケット、9月末に講演があるので21日FIXのものを取る。

どの航空会社のチケットをとるかの判断基準は、やはり価格。

サービス、安全性はそれほど、自分にとっては問題ないし、

(ひとまず飛行機は落ちないものと信じて・・・)

マイルがとれるかどうかも、おまけみたいなものだし。

キャセイパシフィックで4万8000円ほど。

ノースウエスト、エバー航空などに安いチケットもあるけど、

石油の高騰からか燃料費が高く、20日以上だと5.5~7万円ほどになる。

キャセイは燃料費が2000円代と極端に安かった。

今回、沖縄から船で行こうか、福岡から?宮崎から?といろいろ行き方を考えたが、

成田からがイチバン便数も多いし、安価。

2泊3日だったりすると、1万円代のチケットも(燃料費別)。

台湾って、国内旅行よりずっとと安いのだ。

台北の桃園空港から高雄までは新幹線。

片道1時間半ほどで$1060(4000円弱)。

難点は新幹線が着く高雄の左営駅から屏東まで

電車を乗り継いで1時間かかること。

しかし、今回は知人が左営駅まで迎えにきてくれるというので甘えることに。

桃園台北駅屏東と高速バスで(こちらは2000円弱)、

とも思ったが、5時間以上かかるので却下。

(乗ったことあるけど、豪華シートで乗り心地はバツグン)

ふぅ。あれこれ手配するのに大仕事。

・・・だったが。

チケットを取った直後、講演がキャンセルになるかもとの知らせ。

クラっ・・・(めまい)。

来週はっきりするので、チケットを取り直すかどうかは、それから決めよう。

080816

屏東でサイクリング中の私(はにわきみこ撮影)


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail