はにわきみこ台湾の新聞に登場

2012-01-07
photo:01

友人のはにわきみこが、今朝、帰国。
うちに、手作りの梅干しや味噌、高価な台湾茶あれこれ、
そして、なぜか10キロ近くもあるお米など、たんとお土産を残していってくれた。
謝謝。

今回のはにわっちの台湾滞在は、なんと18日間。
後半、台湾の東海岸を旅行。温泉三昧の旅だった。
東海岸には、泉質もよく、どでかいお風呂が部屋についた、すんばらしくいい温泉が
たくさんあるらしい。
海が真正面に見える温泉とか。
しかも、価格は二人で2000元(5000円)ほど。
今度、私も旅してみたいと思う。
いやはや、彼女の旅と食における情熱には脱帽。

さて、前半、はにわっちが、食道癌を克服した両親と
念願の台湾旅行を果たしたことは、以前、書いたが、
そのことが、台湾の新聞に出ていたらしい(上)。
大きな写真は、ご両親と妹さん。
著書『親ががんだとわかったら』をもっているのが、はにわっち。

くわしくは、はにわきみこブログで。
http://ameblo.jp/kimiko820/

「親孝行のためには、お金がいる。
これから、もっと稼がなくちゃね。
お金が貯まったら、親孝行しようって言っても
そのときは、親は病気だったり、死んじゃったりしてて
もう遅いんだよね」

と言っていたはにわっち。
本当にその通りだと思う。

子供がなにかできる時期と、できることは限られている。
「これをしたい!」と思ったことは、
少々無理してでもやっておいたほうがいい。
親は、遠慮かもしれないけど、一緒に楽しめることなら
喜んでくれるんじゃないだろうか。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail