またまた旗津へ

2010-11-13

ゆりちゃんが鹿児島に帰って、少し寂しくなった。
またいつもの休日。テンキが旗津のサーフスポットを見たいというので、再び旗津へ。
ちょうどお祭りのようなことをやっていて賑やかだった。
お祭りをしている人たちも、観光客も、雨でも関係ないよう。

MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

背の高い神様が街を練り歩くのだけど、しっかりカッパを着ているのが、かわいい。
おみこしには小さな神様がちょこんと座っていて、おみこしが揺れるたびに、ぴょんぴょん跳んでいて、これも楽しい。
サーフィンは波がなかったので、イカの姿焼とイカ団子を食べて、大型ショッピングモール夢時代で、ちょっとだけ冬物の服と傘を購入。帰りに、近所のデパートに行こうとしたら、駐車場が長蛇の列。断念して帰宅した。
それにしても、どこにいってもすごい人、人、人…・…。雨なのに。高雄って大都市なんだと改めて感じた。
特になんでもない一日だけど、なにごともなく、小さな発見に心を躍らせながら過ごせるのは有難いことだ。
昨日、鹿児島の友人から、今別府産業の創業者、今別府会長が亡くなったと連絡。
友人の紹介で何度もお会いしたけれど、いつもニコニコして、周りを自然に明るくしてくださる方だった。88歳。台湾生まれの苦労人で、「誠実、努力でベストを尽くす」が社訓。「悲しむなよ」というのが、最後の言葉だったとか。
今日は、何度もその言葉を思い出した。とても大切なことを、いくつも教えてもらった。本当に強くで温かい人……。
「ありがとうございました」。いま、たくさんの人が、そうつぶやいているんだろう。そして、これからも、会長に教えてもらうことがあるんだろうと思う。



Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail