わかりやすい人。

2012-04-07
photo:01



↑これはわかりにくい例。

え? コンビニ?というような店を、台湾でときどき見かける。

昨日、テレビを観ていたら、ある国会議員が

「私もそう思わないわけではありませんが……」

と奥歯になにかが挟まったような言い方をしていた。

政治家は、すぱっとわかりやすい話し方をしたほうが、

国民の理解が得やすいのに。

話し方の問題だけではなく、

なにを考えているんだろう・・・と思う人が、日常生活でもいる。

そういう人は、親しくしたくても、見えないバリアがあって、

なかなか入っていけない。

わかりにくさは、障壁にもなってしまう。

でも、そんな人は、そんな人なりの理由があるのだ。

台湾人、ギリシャ人と話すと、

なんてわかりやすいんだろうと思う。

言っていること、表情がストレート。

彼らにとっては、日本人である私は、

「うーん。なんて、わかりにい人。なに考えてるの?どうなの?」

と、イライラさせてしまうのかもしれない。

わかりにくさは、気遣いの象徴でもある。

っていうのは、言い訳だろうか。

そんな私でも、昔に比べて、最近、ずいぶんストレースな物言いになっている。

年をとったからだろうか。

好きなものは好き。

やりたいことはやりたい。

それはカンベン!

はっきり言わないと、時間を無駄にしてしまう。

自分と周りに嘘をつかずに生きるって、

結構、勇気のいることではあるけれど……。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail