ウォーキングシューズと循環型社会

2012-01-09
photo:01

今日は、あたたかかった。
夕方、外に出たら、きれいな飛行機雲。
茅ヶ崎に住んでいたときもそうだったが、いつも空とか海とかの様子を
見ながら生活できるのが、うれしい。

さて、先日は、デパートで気に入ったウォーキングシューズがなかったので、
今日は近所のスポーツ品店を探した。

photo:02

4軒ほど、大きなお店が固まってある。
高雄は、スポーツ品、携帯電話、カメラ、ブライダル、
英会話塾など、近くに固まっているので、目的が決まっている場合は
お店をまわりやすい。

1軒目で、MERRELの靴を購入。
2軒目で、NIKEジャージを購入。
これで、ウォーキングの準備は万端。
いや、久しぶりに服を、買ったような気がする。

不思議なことに、「こんなものが欲しい・・・」と思っていると、
それに近いものが、うちにはやってくる。

家電製品、アクセサリー、スーツケース、文具、傘、着物、帯・・・・・・。
あ、先日はお米…というのもあったな。
物が循環している台湾社会。

photo:03

そして、夕方。
なでしこ夫人が、誕生日プレゼントにと、
バッグと、服を10枚ほど(ほとんど新品!)を持ってきてくれた。
私のクローゼットの半分は、なでしこ夫人からのいただき物だ。

彼女は、買い物をするとき、「これは、○○さんに合いそう!」と購入する。
子供服や雑貨、食料品まで。
フリーマーケットやセールで買ってきてくれることや、
自分で買って合わなかったものもあるが、
まるで、プレゼントを渡して回るサンタクロースのような人。
その量は、ハンパじゃない。

「使わなかったら、だれかにあげて」と押しつけることはないので、
そうさせてもらうが、最近は、なでしこ夫人も
私の好みを理解してくれいるようだ。
ありがたや・・・。

しかし、放っておくと、モノはどんどん増えていく。
今月いっぱい、マンションのロビーでフリーマーケットをやっているので
利用してみようか。
特に、台湾に持ちこんだ本、台湾で買った本が山のようにある。
日本語なので、これは大学図書館かな。
日本なら、ブックオフなどに持ちこんで、換金するところだけれど。

なでしこ夫人とのおしゃべりが楽しくて、ついつい3時間近く、話しこんでしまった。
台湾の将来などを熱く。

photo:04

マンションの入り口に、旧正月用の飾り。
台湾の正月用の飾りって、アニメチック。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail