オリンピックと第二のオリンピックと…

2012-07-30


↑2009年に開かれた高雄のワールドゲームズの様子(NHKニュースより)。
この映像、前に紹介したかもしれません・・
・。
昼は原稿などをちらりと書くが、夜はそわそわ。
オリンピックサッカーのモロッコ戦を観る。
モロッコは、ずっと気になっていた国。
スイスの友人がモロッコ出身、台湾で知り合ったフランス人の両親がモロッコ出身ということもあり、
まだ見ぬ国に心ときめいていた。
前半はだらだら、後半、結構、盛り上がった試合。
日本は決勝進出で、これからも楽しみ。
さて、今回のオリンピック、台湾も13の競技に42人の選手が「チャイニーズタイペイ」として出場している。
テコンドー、砲丸投げ、アーチェリー、自転車、競泳、バドミントンなど。
テコンドーは特に人気で、アテネオリンピックでは金メダル2個、取った実績も。
ただ、台湾の人たちは、アジアであれば、「みんな、がんばれー」とばかりに応援している。
特に、日本人選手には熱い声援を送ってくれているような・・・。
決勝戦ぐらいにならないと、テレビでは放送されないだろうけれど。
さて、2009年は、第二のオリンピックといわれる「ワールドゲームズ2009」がここ高雄で開かれた。
オリンピックにない種目の一流選手が集まる世界大会。
ビリヤード、エアロビクス、スカッシュ、相撲、空手、登山、ドラゴンボート、綱引き、水上スキー、オリエンテーリング、ライフセービング、サーフィン、ボウリング、ハンドボール、ダンスなどなど。
これがすごい盛り上がり!
スポーツの世界大会を、国として認められていない台湾で開くというのは、
台湾にとっては、すばらしく画期的なイベントだったのだ。
いまもワールドゲームズのために造られた施設が、あちこちに残っている。
(維持費が大変らしいが・・・)
ちなみに、日本人も知らない人が多いが、ワールドゲームズは2001年は秋田で開かれた。
毎年、オリンピックの翌年にあり、2013年はコロンビアのカリ市。
南米では初めての大会だという。
第二のオリンピックもテレビで放映されるといいのに。国対抗の綱引きなんて盛り上がりそう…と思うのは、私だけだろうか。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail