サリー初体験!

2008-07-17
img074.jpg

日本旅行作家協会の納涼大会。
浴衣やアロハの人も多い中、
私の、漫才の相方、はにわきみこが
サリーを着付けてくれた。
青のサリーのはにわっちと
赤のサリーのワタクシ。
反則ワザ的に(?)、目立ったコンビです。
一枚の布は6mあって、ドレープをきれいに折るのがポイント。
わき腹はチラ見せOK、足首は見せたらいけないそう。
ずっと前から、インドの女性は世界一神秘的だと思っていたけれど、このような衣装を着ると、日常を離れて優雅な気分。
あー楽しかった。
それから、今日、「働く女のルール」を読んでくださった方(男性)から、お手紙をいただいた。
「来年、高校を卒業する娘に渡して、社会に出るまでに一読、社会に出て悩んだときに、読むように伝えました」
男親が娘を想う気持ち、心配する気持ちは、想像できないほど強いはず。
そんなお父さんが、この本を娘さんに渡してくれたなんてー。
うれしくて、泣けてきた。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail