ヴェネチアの一日。

2011-09-08
MAYUMIの旅びと生活。

ヴェネチアにやってきた。
旅行の前に、その土地に関連した作品で“予習”をして、これからでかける場所に思いをはせるのが好きなのだけど、今回は、出発直前までバタバタ動いていて、なにもやっていない。
ヴェニスといえば、たくさんの作品が舞台になっている場所だ。
せめて、旅が終わってから『ヴェニスに死す』を観よう。

MAYUMIの旅びと生活。

さて、ヴェネチアは、期待を裏切らない観光地だった。
その美しい風景には、やはり圧倒される。
おそらく、世界中から人々がやってきているんだろう。
これまでいった場所のなかで、いちばん平均年齢が高い、大人の観光地。
そして、いちばん、人が多い。
でも、とても親切ってワケではない。
かといって、まったく不親切なワケでもない。
お客の呼び込みほとんどないし、お店は静かに営業している。
ホテルの価格は高いが、レストランなどは普通価格(のような気がした)。
水上バスや、タクシー、バスの運行システムもわかりにくい。
が、だれかに聞けば、おしえてくれる。
つまり、観光客に、あまり媚びない観光地。
ヴェネチアに行って、「観光地ってなんだろう」と考えてしまった。
うーん。これもあとで、じっくり考えよう。

MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

サンマルコ大聖堂と、ゴンドラ。
ゴンドラの運転手(?)は、足を移動して重心を変えながら、向きやスピードを変えていく。
とっても、プロフェッショナルな仕事。

MAYUMIの旅びと生活。

グランドキャナルなどの大運河もいいが、こんな路地を歩くと、いろんな発見があって楽しい。

MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

たくさんの美術館やギャラリーがあって、多くの企画展をしている。
左の写真は、アラブの国々、右写真は、アジアの国の写真展。

MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

さすがイタリア……すべての食べ物がおいしい。
特に、ジェラートとピッツァ。

MAYUMIの旅びと生活。

時間を忘れて散策。あっという間に月明かり…・・・。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail