中だるみしないコツ

2012-03-30

相変わらず、マラソンのような執筆が続く。

たまーに気分転換にと、テレビをつけてみるが、

台湾のケーブルテレビで日本のテレビ番組を観ると、

番組の途中のへんなところでブチッと切れ、CMの多さと長さに我に返る。

こんなことしている場合じゃないと。

CMが多いのは、私にとっていいことなのかも。

さて、執筆をしていると、ときどき中だるみがくる。

「今日は、このぐらいでいいか~」

なんて思うと、ぺースはどんどん落ちていく。

中だるみしないようにするには、

小刻みな目標を設定すること。

つまり、ちょっとだけプレッシャーを与える。

といっても、時間より内容を優先しているので、思う通りにはいかないのだが、

それでも、テレビをつけたり、ほかのことをしたりする時間は

大幅に短縮される。

要は、“時間”の意識をはっきりさせること。

「いまやるべきこと」をわかっていること。

(これは昨年、出版してもらった『幸運に愛されるおしごと手帳2012』が役立ちます。

 ありがとうございます)

結局は、どんだけ執筆の時間をもったかと、どんだけ集中したか。

いま私の机の上には、アインシュタインのこんな言葉が貼ってある。

(まえも書いたっけ?)

「私は頭が良いわけではない。

 ただ人より長い時間、問題と向き合うようにしているだけである」


photo:01



↑2日前に行った近所の和食屋さんにて。

  徒歩3分のところにあるのに初めて。日本人がやっていて、

  どうして来なかったんだろうというほど家庭的な味。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail