出逢う人。

2011-11-02

最近、大学院で多くの出逢いがある。
昨日は、先輩のKさん。
もうすぐ退職の年齢という台湾男性Kさんは、
日本人でも合格率10%という旅行ガイドの資格をもっているそうだ。
旅行が大好きで、その知識はすごい。
地元のじゃないと知らないような情報までもっている。
旅をするために、体を鍛えていて、
先日は、台湾の3900メートルの山に日帰りしたそうだ。
恐るべし。
大学のコンビニの前で出会ったのは、
音楽の先生、Jさん(男性)。
台湾の有名大学を卒業後、銀行員をしたあと、
東京にピアノ留学。
卒業式には、なぜか大島紬を着たとか。
そのあと、ベルリン、ニューヨークで音楽を学ぶ。
英語、フランス語、ドイツ語も堪能だが、
日本語もネイティブなみ。
大学の先生をしながら、いまは、グルメの取材に駆け回り、
日本にも海外取材で出かけるという。
懐石料理も自分で作るほどの料理好き。
こちらも、恐るべし。
Jさんは、
「私、日本は好きじゃない」
ときっぱり。
「え!?」
と、呆然としていると、
「だーいすき! 好きってレベルじゃないのよね」
とにっこり。
このユーモアのセンス、さすがでございます。
しかし、生きたいように生きてる人たたちって、
どうして、あんなに顔が輝いているんだろう。
毎日がうれしくってたまらないという満面の笑顔。
生きたいように生きている人は、努力も、そのレベルも並みではない。
本人たちは、好きなことをやっているから、
努力なんて思っていないのかもしれないけど。
中途半端でなく、突き抜けることは、
生きたいように生きるための
必須条件かもしれない。

photo:01



最近、お気に入り、セブンイレブンのジュース。
グレープフルーツ緑茶。
パックの横にストロー口があって、
ストローも長い。
これって台湾だけ?
iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail