割烹壽司 小園

2012-01-05

テンキの誕生日だったので、「なにか美味しいものが食べよう!」と、
ふと思い出して行ったのが日本料理の「小園」。
まだ日本に住んでいて、高雄に取材に来たとき、
高雄在住のコーディネーターさんに連れてきてもらった店だった。
全員、台湾人スタッフなのに、
「なんで、こんなに日本の味が出せるの?」
と感動したのだ。

photo:01

のっけから、熱燗。
今日は奮発して、定食B(500元)とやらを注文。
ちなみに天ぷら定食は220元。
おそば、オムライスなどは100~200元とお手頃。
BGMは、森進一と五木ひろしの往年のヒットメドレーで泣かせる……・
つい口ずさんでしまう自分がコワイのだけれど。

photo:02

ちょっと食べかけですが、お刺身、しいたけの煮物、茶碗蒸し。
どれも、しっかりしたお味。

photo:03

天ぷら、土瓶蒸し、アユの塩焼き、巻き寿司といなり。
一品、一品、「おいしい~♪」を連発。
とくに、巻きずしの酢加減と、いなり寿司のごま風味が絶妙。

photo:04

デザートだけ、なぜか台湾風の寒天。

photo:05

店内もしっとりした和風。
日本人らしき人、日本語教育を受けたお年寄りなど、
あちこちから日本語が・・・。
となりの席にいた女性(たぶん台湾人)は、一人でたくさんの料理を注文していた。
台湾では、ときどき、このような、そこそこしっかりした(?)店に
一人でフラッとやってきて、ゴハンしている若者がいる。
日本では、あまり見かけない光景。
(カフェとか、ファミレスなどはあるけれど)
一人だと、ささっとご飯を済ましてしまいそうなものだが、
彼らは、食事をゆっくり楽しんでいるように見える。
そういえば、ヨーロッパでも、そんな人たちをよく見かけたっけ。

photo:06

スタッフのユニフォームはゆかたに下駄。
男の子も同じく、女子用のゆかたを着ていた。
2階は、個室が数部屋あるからか、スタッフが多い。
カウンターに板前さんだけで7人はいた。
ホールも、10人近く。
板前さんたち、まさに職人技のおしごとです。

photo:07

関係ありませんが・・・
入り口にあった、現役と思われる電話。
円形に並ぶプッシュホンって初めて見た。

photo:08

割烹壽司 小園
高雄市前金區文武ニ街あ76號
(MRT市議會站3號出口徒歩2分)
TEL 07-2512103
営業時間 11:00-14:00 17:00-21:30
iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail