台湾のチャリティ番組で20億円!!!

2011-03-19

昨日、台湾のテレビ番組で、3億円が集まったとブログで書いたが、実際は、生放送中に7億8800万台湾ドル(約21億5000万円)の義援金が寄せられたとのこと。
馬英九総統も20万台湾ドル(約55万円)を贈り、電話での義援金受け付けを手伝い、日本でもおなじみの、ジュディオングさん、ビビアン・スーさん、中田英寿さんらも出演して盛り上げたとか。
台湾の人口は、2300万人。日本の人口の5分の1にも満たないし、平均月収は、日本の半分強。それなのに、この寄付は驚異的な金額だ。
自主的に、自分のサイフから、日本のために、これだけのお金をはたいてくれる場所は、ほかにないんじゃないかと思う。
比べちゃって申し訳ないが、日テレの毎年やっている24時間テレビで3億円前後。いまも24時間緊急募金をやっているようだが、16日の段階で2億5000万ほどという。
日本のテレビ局も、あちこちで義援金を集めるよりも、同じような番組をだらだらと流すより、だれかの責任を問うよりも、こんなときこそ一緒に、みんなが観るようないい番組をつくって、窓口を一本化したら、いいんじゃないかと思う。「なにが被災者のためになるか」を考えると、答えは出てくるはず。
ちなみに、番組でロトくじの当選金1億3800万円を寄付した人は、このチャリティ番組の司会者のひとり、猪哥亮さんのロトのCM「もう一枚買ってよ」を聞いて、それに従い、くじをもう一枚買ったところ、それが当選。寄付は、猪哥亮さんへの「恩返し」とか。
こうやて、台湾は「恩返し」というより、自分で与えてもらった恩を、だれかのために送っていく「恩送り」の気持ちが根付いている。
それから、災害のときなどに、ボランティアや仏教、キリスト教など宗教団体の人たちが、一斉に駆けつけて、一生懸命活動している。女性のお坊さんたちも多いが、仏門に入るのは、「我」を捨てて、「公」のために尽くすためという考え方。宗教って、人を救うためにあるもの。それ以上でも、それ以下でもない。
台湾の、こんな周りとの“つながり方”は、いま、私たち日本人が学ぶことなんじゃないかな。
ね。台湾って、いいところでしょ。日本のことを、こんなに想ってくれている。
これを機会に、日本の人たちに、台湾に目をむけてほしい。
そうそう。日本のニュースでも、いくつか報道されていて、台湾がこれだけとりあげられるのは、めずらしいこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110319-00000040-nnn-int
日本のメディア各社のみなさん。
台湾は、日本とのつながりが、もっとも深い場所。
なにかを怖がらないで、もっと、もっと、報道しようよ。いっぱい、いっぱい、ネタはあるんだから。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail