台湾の結婚事情を少しだけ

2010-03-03
MAYUMIの旅びと生活。-100303-2

これは、婚約して、結婚式の前に
新婦側が友だちや親族に配るクッキー・ボックス。
大量に注文して配るのは新婦側。
お金を出すのは新郎側だという。
台湾女性は独身が多く、
少子化は日本よりも進んでいる。
まわりの独身女性も多くは
「いい結婚ならする」と条件つきでいう。
結婚したい。子供がほしい。
でも、自分では探せないという男性は、
ベトナムに行って、奥さんを探す(人が多い)
お母さんやお姉さんがベトナムに行って、
器量よし、家柄よし、健康・・・
という女性を選んでくることも。
しかし、めでたくベトナム女性と結婚して子供を持っても、
しばらくすると、ベトナム妻は祖父母や親の介護のために帰国し、
台湾夫は、仕事がなく、
子供は祖父母が育てている…ということも少なくないらしい。
台湾の人たちは、本当に家族想い。
だから、結婚も自分たちだけの問題ではない。
ホームステイしている家の友人も
ご主人がなくなって15年もたつけれど
いまも毎週末の夜は、ご主人の実家で
子供たちと一緒にご飯を食べる。
家族のつながりって
本当に強い。
というか、熱い。
いい意味で。

MAYUMIの旅びと生活。-100303-1

今日の昼食。ひとり、ぶらりと入った素食やさん(ベジタリアンの店)。
これで35元(97円ほど)。
檸檬愛玉というゼリー入りの蜂蜜レモンは25元(70円ぐらい)。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail