台湾の違反切符

2011-10-07
photo:01



なんとも不名誉なことだが、
スピード違反で罰金を払うことになった。
17キロオーバーということらしい。
いや、私が運転していたわけではないんだが。
台湾の違反は、こうして写真が送られてくる。
場所はわかっていた。
「そこは、カメラがあるから気をつけよう」と走っていたのに、あぁ。
1500元(4000円ぐらい)の罰金。
まぁ、いい。
私たちがワルイんだから、これも勉強代だ。
もう、ぜったいに速度違反しないと心に誓おう。
いや、誓ってもらおう。
台湾では、道端に駐車してもいい白枠があって、ときどき、
駐車料金の請求書が車についている。
それをコンビニなどで払うのだが、うっかり忘れたときも
違反切符が送られてきた。
あ、これは、私のせい。
もう、二度とやましい行動はしないよう気をつけよう。
というか、本当に忘れていただけなんだけど……と弁解。
台湾は、「通報社会」と聞くこともある。
温かくて、やさしい人が多いが、
「商売で儲けているのに、ちゃんと届け出ていない」とか
「どこどこに違反駐車の車がいる」
という通報をだれかがすることがあるらしい。
なかには、写真を撮って送られることもあるとか。
遅刻しても「没問題(メイウェンティ。問題ないよーいいよー」と
つい許してもらえる社会だから(本当はいけないんだけど)、
車も「どこでも停めてもいいよー」と許されてしまうように、
勘ちがいしてはいけない。
ま、やましいことがなければ、それでいい。
あたりまえにルールを守りさえすれば。
外国人が生きていくには、できるだけ面倒くさいことにならないよう
原理原則を守ることが必要なのだ。
これは、日本に住んでいても、同じなんだけどね。
iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail