台湾ドキュメンタリー映画『藝霞年代~E.SHA Age』その1

2010-05-02

友人たちが、台湾のドキュメンタリー映画の日本語字幕を翻訳したというので
昨日は、その校正に屏東まで行く。
映画は『藝霞年代~E.SHA Age』という台湾のドキュメンタリーもの。
1959年~1985年、日劇ダンシングチーム(NDT)を真似てつくられ、
「台湾の宝塚」と呼ばれる歌劇団があった。
戒厳令の敷かれていた時代においても、華やかで夢のある舞台を提供し、
大衆を愉しませてきた。
その名は劇団「E.SHA(イーシャ)」。
学校を卒業したばかりの少女たちが、寮に入り、厳しいレッスンを受けた。
元団員たちが語る劇団と、その姿を現代の芸術学校で再現。
現代と過去がテンポよく交錯し、台湾の舞台藝術を知る意味でも意義深い映画だ。
映画の構成と、カメラワークはさすが。
ラストは感涙……。

続きは、その2で……


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail