台湾交通局の洗礼……

2010-03-24

思い切って、車を買ったのは、
台湾にいる間、台湾全部、回ってみたいと思ったから。
台湾は九州とほぼ同じ大きさという。
車で九州一周したこともあるのだから、
きっと台湾もできるはずだ。
「車を探している」
と言っていたら、何人もの人が素敵な情報をくださった。
最初に見に行ったのがVOLVO。
これまで乗っていたオーナーさんが
昨年、数十万円かけて
全部整備してくださったらしく、状態もいい。
気に入ったので、即決。
名義変更に必要だったのは、
●居留証
●パスポート
●北京語で翻訳された免許証
 (日本のJAFか、台湾の日本交流協会で発行してくれる)
●印鑑
●1年間の税金16000元ほど
損害保険をやっている女性が、すべてやってくれた。
謝謝。
台湾の中古車の価格は、日本よりも高いように感じるが
車検が安い。
うまくいけば、数千円で済む。
古い車になると、半年に1回必要。
今日は、調子にのって、でかけたら、
ちょっと用事をする間の路上駐車で、レッカー移動されていた。
5分しか離れていないのに~。
四角の枠のなかに停めたのだけど、
どうやらタクシーが停まる場所だったらしい。
「わかんなかった」と言っても通用しない。
ここは台湾。
台湾ルールに従えないなら、車に乗る資格はないのだ。
ああ、これからどうしよう。
どこに取りに行けばいいの?
全然、わかんない……
と、ぐったりうなだれていたら、
タクシーのおじちゃんが
「私が車のある場所に連れていってあげよう!」
と、驚くほど流暢な英語で話しかけてきた。
お言葉に甘えると、道中、
「罰金は○○円ね。免許証、パスポート、車検証が必要。
なーに、すぐに引き取れるよ」
と、驚くほど具体的に説明。
まるで、いつもやっているように……。
まさか商売なんじゃ……
いや、疑っちゃいけない。
でも、そのおじちゃん、ずっといたんだから、
駐車するときに、注意してほしかったわ。
いやいや、人は責められない。
すべて私の責任ですわ。ええ。
車のある場所、タクシーに10分乗っていって
タクシーに120元、
罰金1600元を払ったら
交通局の人になぜか
「すんませーん」
と日本語で言われた。
最初に、こんな洗礼を受けたのだから
これからは、きっと大丈夫!
だと信じよう。
MAYUMIの旅びと生活。-100324-2
↑車のドア、トランクなどに貼られた、黄色いシール。
意外にきれいにはがせましたわ。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail