命あること。

2011-03-15

やはり、日本のことが気になるが、こんなときこそ、やれる状況にある人が仕事をして、生産活動をすることなんだと、パソコンに向かう。
午前中は、日本の出版社からゲラが届いた。
ゲラのチェックに加えて、いくつもの仕事を淡々とこなす。
夕方、テレビをつけたら、避難所の中学校で中学生たちが、みんなを励ますために、教室の絵の具で大きな貼り紙を作っていた。
「カンバロー高田。命あることをよろこぼう」
中学生の一人は、おじいさん、おばあさんが行方がわからないが、
「中学生でもなにかできることがある。がんばっていることを、みんなに伝えたいと思って」
避難所にいたおじいさんが、「自分たちも、悲しい思いをしているのに……うれしいです」と涙していた。
命あること……悲しさも辛さも悔しさもひっくるめて、よろこび。
中学生って、すごいな。

MAYUMIの旅びと生活。

Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail