外国で暮らすということ。

2010-03-02

昨夜は遅くまで、屏東に暮らす日本女子3人で
カフェ85℃にて語り合った。
台湾人と国際結婚をしている女子。
今朝は、やはり国際結婚をしている日本人男子と
大学のことで情報交換。
同じ日本人というのは、なにかと心強い。
しかし。
外国で暮らすということは
精神を鍛えるのには、
すばらしく最適な環境だ。
思い通りにいかない状況を
いかに乗り切るか・・・
大学の学部の名前が、
いつのまにか変わっていたのは
結構、大きなことで、
論文を英語で書くか、日本語で書くか
という大きな問題に発展した。
それに合わせて、
学内の権力とか、勉強の内容とか
台湾全体の大学の状況とか
いろいろなことが見えてくる。
初めての留学生、
初めてのケースなので
大学側と交渉していかなきゃいけない。
それも英語で。
それから、とりあえず住む家を探したいのだけど、
中国語ができないため、なかなか一人では動けない。
なにをするにも、人の手を借りることになる。
だから、友だちは、とってもありがたい。
いろんな情報をもってきてくれるし。
でも不思議なもので
思い通りにいかない状況や
なにをするにも時間のかかる状況が続いていても、
そのうち、普通にできるようになってくる。
だんだん自由に動けるようになってくる。
やれることが広がって、快適、快適
と実感する日が必ずやってくる。
MAYUMIの旅びと生活。-100302-1
↑いまは、レンブーという果物の季節。
キャキシャキしてみずみずしい。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail