大学での発表終了

2011-01-07

大学での発表が終了。
今日のテーマは、「子育て後の女性の再就職、その実情と課題」について。
クラスに子育てをしながら働いている女性2人がいて、議論が白熱した。
私は、日本における問題を発表したのだが
興味深かったのは、台湾においても……
●やはり家事は女性中心であること
●仕事をいったん辞めると、再就職が難しいこと
●子どもができたら「仕事を辞めて育児に専念したい」と女子学生が結構いたこと
で、日本と同じような状態。
25年以上、仕事を続けてきたという働くママが、学生たちに
「先になにがあるかわからない。仕事は辞めないほうがいい」、
日本語で「甘い!」と言っていたのが、おもしろかった。
いいなぁ…・…と思ったのは、
●保育園が長時間預かってくれること
●子育ては、祖父母が重要な役割を担っていること(当然のように)
「どうして、日本の女性は、自分たちの親に頼らないの?」
という意見もあった。
日本では、子どもを預かってくれる場所がなくて
仕事ができないという女性が多いが、
これから、祖父母や、保育ママ、子守り、地域などに支えられた子育て、
仕事との両立を考えていく必要がある。
保育園、託児所などの整備は、なかなか期待がもてないんだから。
「仕事がなかったら、家の前で、屋台を始めればいい」
という意見もあって、なるほど、たくましき台湾……
午後からは、最後の授業が、大学の外での食事会に。
教授からのご馳走ということで、みんな、食べる、食べる……デザートまでしっかりと。
先生、ありがとうございます。

MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

その後、また大学の図書館に戻って、レポートを書く。
まだ出口が見えないが、確実に、ひとつずつ、終わっている。よし、よし。
これで、前期の授業が終了。
仕事との両立は簡単ではなかったが(私は子育てとの両立ではなく、勉学との両立か……)、
台湾で大学院生活が送れたことに感謝。
あとひとつレポートを提出したら、大学は1カ月ちょっとの冬休みに突入する。

MAYUMIの旅びと生活。

↑大学への道で、コスモス畑を見つけた。コスモスは、日本では「秋桜」と書いて、秋の花だけど、台湾では冬?
高雄は今日も寒い。年1カ月ほどしか、寒い時期はないというが、暖房器具を買うべきか悩みどころ……


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail