大学の図書館にて

2010-11-03

今日は図書館での授業。台北から紀伊國屋書店の所長さん(台湾人)がやってきて、本や論文の検索の仕方を教えてくださった。
次の授業も自分のパソコンを持ち込んで、文献を整理するソフトをダウンロードをする。
パソコンにはあまり詳しくなく、中国語の授業なのでちんぷんかんぷん。
でも、クラスメートの手ほどきで、なんとか切り抜ける。
ふーーーっ。ご迷惑かけます。
今日、感激したのは、図書館にある日本語文献の多さ。
小説も、ノンフィクションも山ほどある。毎日でも通ってしまいそう。しかも、個室も月単位で貸し切ることができるので、朝から晩までこもれるという環境のよさ。もちろん、ネットも無線で使える。私は、本を書くときは、狭い場所のほうが落ち着くので、書斎にしたいぐらいだ。
夜9時半までというのが、残念なのだけど、考えようによっては、朝や早起きして、夜までやるのもいいのか。
日本で、校正に集中したいときは、2、3日、ホテルにこもっていたが、台湾では、まだ適当な場所が見つかっていない。近所のスターバックスぐらい。
しかし、この図書館には、私の本はあるのだろうか。
気になったものの、ちょっと怖くて、検索できなかった。

MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail