大学の図書館より近況報告。

2011-03-03

(写真下)大学の学食↓

MAYUMIの旅びと生活。

待ち合わせまで、ちょっと時間があるので、大学の図書館にやってきた。
パタパタとカレンダーを日めくりするように、時間が流れている。
大学院が始まって、さらに時間が過ぎるのが早い。
週に2日なのに。
大学院では、労働問題、産業社会、貿易構造などをやっているが、いまさらながら「なるほど。そうだったのか」と思うことが多い。
考えさせられることもいろいろ。
今日、先生がみんなに問いかけた質問は
「日本という国は、なにが魅力なのか?」
では、「日本という国に、外国人が暮らす魅力とは?」
日本政府は「外国人に開かれた大学」などを政策の重要課題にしているが、外国人が仕事をして暮らすために魅力的なシステムは、まだほとんどできていない。
世界的な人の移動を見ると、どこに魅力的なシステムがあるのかがわかる。
ところで、そろそろ中国語覚えなきゃいけない状況。
とりあえず、毎日、スカイプによるレッスン30分を続けている。
今日は、空き時間に、クラスメイトMさんが中国語を教えてくれた。ありがたい。
アメリカ人の同級生Rちゃんは、語学の勉強が好きで、日本語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語などをほとんど独学で習得。信じられないほど堪能だ。今日はRちゃんが、いい学習サイトを教えてくれ、いらなくなったという教科書ももってきてくれた。
なんだかすごい見本がいるから、やれそうな気がしてきたぞ。
さて、3月でマンションの賃貸契約が切れるため、引っ越そうとも思っていたが、昨年、うちの近所は、マンション価格、家賃が跳ね上がったそうだ。
確かに、ネットで探したら、いまの家賃では、ほとんどいい物件がない。
2万円ほどプラスすると、かなりゴージャスな4LDKほどのマンション(新築・家具、電化製品つき)があって、少しときめいたが、そんなに豪華である必要もないかと、思いとどまる。
ひとつだけ、「お、これはいいんじゃないの!」という物件を見つけて、詳細をよく見たところ、今住んでいる部屋の真下だった。
つまり、ここに住んだほうがいいってことかしら。

MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

(写真・左)ガソリンスタンドみたいだけど、水スタンド。高雄は、水道水が飲めないので、ここに買いにいく。20リットルで、10元(約30円)、20元、30元と、なぜか3種類あり
(写真・右)ガソリンスタンドでは、50元(約150円)でじゃぶじゃぶと洗車してくれる


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail