宗教的儀式は中元節

2010-08-26


台湾の親切な友人が教えてくれた。
最近、あちこちで見かけていた道教の儀式は、中元節のものとか。
8月24日は、旧暦で中元節。つまりお盆のようなもので、旧暦7月は死者の霊がこの世に帰ってくる日なので、泳いだり、旅行したり、結婚式を挙げてはいけないとか。
う……思いっきり、旅行しちゃいました。
各家庭や地域、会社ごとに祭壇をつくって、果物や菓子など供え物をして、紙のお金を燃やす。
量販店は供え物商戦を迎える。
そういえば、来月22日は中秋節。
これは、日本でいう十五夜のようなもので、台湾では、月見をしながら、外でバーベキューをする。あと、月餅を贈り合ったりもする。あちこちで、月餅をいただくことが多い。
あぁ、そういえば、2年前の9月、最初の留学でやってきたときだった。
屏東の街あちこちから、バーベキューの煙がもくもくと上がっていたっけ。知らない人が見ると、火事だと勘ちがいしそうと思ったのだった。
そうそう、語学学校のみんなでパーティをしたのだけど、なぜか柚子(日本の柚子より大きい)の皮むき大会をして、その皮を頭にかぶるというゲームをした。その姿がなんともユーモラスで大笑い。これも、中秋節のお決まりらしい。

MAYUMIの旅びと生活。

中心の人が、竹の根っこでつくられた2つの板を投げるたびに、傘が開いていった。カラフルな傘がきれい。


Copyright© 2018 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail