尊敬する台湾の経営者

2010-05-18

もう何度も行っている屏東県の里港にあるレストラン「薫之園」。
いちばん最初に行ったのは、3年前。ハーブ園と、オープンカフェがあるだけで、家族が経営していたが、1年半ほど経って行ったら、とてもおしゃれなレストランになっていた。
経営しているのは、呉文平(ご・うんぴん)さん。日本人みたいな名前だけれど、台湾の人。
素敵なレストランの建物は、75%ウンピンさんと従業員の手作り。店内のあちこちにあるオブジェは、ほとんど川から拾ってきた流木や石だ。当時は、お金がなくて、スコップも借りて作ったのだとか。
従業員はみんな明るくて、サービスもよく、料理も美味しい。これだけ、きめ細やかな部分まで、こだわっているレストランは、台湾でも日本でも珍しい。
薫之園には、50人以上の従業員がいるが、ウンピンさんは、採用のとき、母子家庭など、なんらかの問題のある人にまずチャンスを与えるという。
ボランティアで一人暮らしの老人の家を訪問したり、イベントで集めたお金を施設に寄付したり、地元の農家のために物産展を開いたり。
広い庭園では、環境変化で少なくなってきているチョウや生物を保護して、育てている。
ウンピンさんがやっていることは、「弱い立場の人を守る」という理念で一貫している。
昔(1年半ぐらい前)も書いたような気がするが、経営というより政治をやっているよう。
行政がやらないことを、民間でやる。
地域でお互いに助け合う。
日本にも昔、そんな精神があったのだとは思うけれど、いままた必要になっていると思う。

MAYUMIの旅びと生活。-100518-1MAYUMIの旅びと生活。-100518-3

↑屋上庭園や滝もある店内。屋外は、小川が流れていて、生息する生物や植物が小学生でもわかるように絵の看板がついている。ウンピンさんの環境保護の試みは台湾内だけでなく、フランスからも視察にくるそう。

MAYUMIの旅びと生活。-100518-5MAYUMIの旅びと生活。-100518-2

↑料理は多国籍料理。特にハーブティー、デザートが美味しい!

MAYUMIの旅びと生活。-100518-6MAYUMIの旅びと生活。-100518-4

↑(左)店内で販売しているアロマグッズ
(右)手作りの滝の前で。右から二番目がウンピンさん。
女性を美しくする会社、プリジーラの社長理香さん(左から3番目)の日記にも、薫之園のことが詳しく書かれています。
http://ameblo.jp/rika-kanamori/entry-10528127392.html
http://ameblo.jp/rika-kanamori/entry-10528135100.html
http://ameblo.jp/rika-kanamori/entry-10528144846.html#main
http://ameblo.jp/rika-kanamori/entry-10528195191.html#main
http://ameblo.jp/rika-kanamori/entry-10528325575.html#main


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail