小籠包と大学院のシステム

2010-07-13
MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

一昨日は、日本の参議院選挙とワールドカップ決勝の歴史的な一日だった。
が、ほとんどテレビを観ることはなく仕事で徹夜してしまった。
最近、私は元気だ。気持ちのテンションは変わらないが、睡眠時間もそこまでいらないし、昔ほど、肩コリ、頭痛、眼精疲労などが起きなくなった。これは、台湾の気候と食べ物のおかげ!?
昨日は、夜、小籠包を食べに行く。前、演歌歌手の晶さんがきたとき、食べに来た美味しい店がこのあたりにあったはず……とふらふら来たら、見つかった。台湾生活に、バイクが導入されて、生活はいきなり快適になった。これで、あちこちの店にふらふら行ける。
週末は、私の生活パートナーとなったという大学院の女の子から連絡。大学院入学の登録を済ませるようにとのこと。
大学院の合格発表もWEBだったが、入学登録も、大学のホームページから行う。登録フォームに、住所、連絡先などを入れて終了。大学に行く必要もなくて、とっても便利。
そういえば、台湾の高校、大学では、生活パートナーという人がいて、入学時から先輩が、学校生活のことをあれこれと面倒みてくれるという。出席番号のようなもので決められるらしく、一人に一人のパートナーがいて、その先輩にもパートナーがいて……と、何十代も縦にそのパートナーつながりができて、学校を卒業した後も、交流があるらしい。結束が強いと、同窓会のように会ったり、メーリングリストがあったり、仕事でも相談したり…・・・。一学年に一人ずつの縦社会というのがおもしろい。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail