授業の合間

2011-05-12
MAYUMIの旅びと生活。

今日は、仕事のスケジュールが厳しくなってきて、休もうかとも思った。
しかし、木曜日は、午前も、午後も8人での授業。
出欠はとらいものの、休むと目立つ。
やっぱ、行くか……と、出席したら、今日は、休みが多くて、4人での授業だった。
よかった。がんっばって出てきて。いろいろな意味で。
いまは、午前中の授業と、午後の授業の間。
毎週、木曜日は3時間半の空き時間がある。
中国語を習ったり、図書館で資料を集めたり、仕事を進めたり。
効率的に活用できる時間。
最近、学部生4年生や大学院2年生たちが、
「もう、卒業だよー」
とよく話している。
台湾は6月で卒業。
就職活動は、卒業してから始める。
先日、4年生に講演したとき、
「大学時代、早く卒業して、早く仕事したいと思っていた人は、手をあげて!」
と、言ったら、手をあげたのは、女子が一人。
あとは、
「卒業したくない。仕事したくない。いまのままがい。でも現実は……」
というようなことを言っていた。
そこで、「自分で稼げる大人って、とっても楽しいよ。自分のやりたいことを自由に叶えていけるんだから」
と、話したんだけど、わかってもらえたかな。
今日、昼休みに話した大学4年生は、とっても働く意欲をもっている女子だった。
「卒業したら、台北とか桃園とか、北のほうに行って、働きたいな。高雄は仕事がないし、お給料安いし……」
こうして、いい人材は移動していくのね。
高雄が、「ここで働きたい!」と思えるような街になればいいな。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail