文藻と高雄の泥棒さん

2011-01-24
MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。MAYUMIの旅びと生活。

テンキが通っている大学で、留学生たちがいろんな出し物をしていて、見に行く。
空手とかベリーダンスとか歌とか、気合いが入ったものがいろいろ。
多国籍の出し物がいろいろあって、楽しかった。
テンキは「涙そうそう」を台湾語で、なぜか着物を着た先生たちと披露。
うーん、練習すればよかったね。
ところで最近、高雄で、忍び込んだ先で、泥棒と泥棒がばったり鉢合わせしてしまうというコントみたいな事件があったらしい。
そこで二人は同業者とわかり、目で通じあったかのように、それぞれ、目的のものを取って逃げようとした……とか。
その目的のものは、金品ではなく、一人は水道の蛇口、一人はアルミサッシ。
物音が大きすぎて、近所の人に通報されて、あえなく御用となったのだけど、二人とも仕事がなかったり、“拾いもの”の収穫がなくて、泥棒に入ったというのが切ない。
詳しくはここに↓
http://japan.techinsight.jp/2011/01/20030_dorobou_hatiawase.html
高雄にも、いろんな人がいるんだと、考えさせられた一日だった。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail