新入社員の仕事観は・・・

2009-04-01

4月になった。
相変わらず仕事三昧の生活。
仕事に没頭すると、ほかのことが手につかなくなる。
いかんなぁと思いつつ、これも好きでやっているので
あまり直すつもりがない。
喘息はだいぶよくなった。
あともう少し。
さて、今日は多くの会社で入社式があったようだ。
新入社員を対象にしたあるアンケートがおもしろかった。

「入社が決まっている会社でずっと働きたい」 55.4% (2005年は34.6%)
「転職しても自分のやりたい仕事をやりたい」 32.7% (2005年は48.5%)

つまり、たった4年で、「生涯一企業」派と、「やり甲斐追求」派は
逆転したことになる。
内定切りなども多かったから、
「入れた会社に、しがみついておかなきゃ」というのは、
わからないではないけれど。
30年前の「生涯一企業」精神が、よみがえっているとは感慨深い。
ちなみに、仕事以外でやりたいことは、いちばんが貯蓄で64.5%、
ついで資格所得、自己啓発。
遊びとか、旅行とかはなくて(恋愛はあったけど)
みんなお利口さんなのね。

詳しくはココ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0904/01/news053.html
ちなみに有職者のアンケートでは
新社会人に必要な3大要素は「協調性」「素直さ」「向上心」。

詳しくはココ
http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2009/1555.html
これまた、30年前ぐらいに戻ったのではと錯覚してしまう。
画一的な優等生を求めているようで、
どちらの思惑も一致しているのですね。
でも、それでいいんだろうか、お互い大丈夫なんだろうか。
あぁ、なんだか私って今日は、いじわる。
でも、せっかく生きているんだから、若いうちは
「元気があってよろしい!」ぐらいでいいような気がするのだ。
優等生より、やんちゃでいいよ~と思ってしまう。
新入社員でも、「社長までなりたい」という人は、
ほとんどいないとか。
管理職までいけばいいと思う程度。
せっかく企業入ったなら、「天下をとる」ぐらいの
意気込みをもってほしい。
女子は、営業や転勤のある総合職より、
ゆるく長く仕事ができる一般職のほうが人気。
あんまり、守りに入らないでほしい。
いま、そんな新入社員(だけではないけれど)に向けて
本を書いているから、もうちょっと待ってて。
その本を読んで、生きていること、
仕事をしていくことについて
考えて。
・・・って、本の宣伝ではないから。
ともかく、新社会人のみなさま。
おめでとうございます!
そして、ようこそ。
自分でお金を稼いでいくことは楽しいよ。
思う存分、仕事、そして人生を楽しんで。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail