新竹のビーフン

2012-06-30
photo:01



先日、新竹から会いにきてくれたM氏に

「新竹のビーフンっておいしかったなぁ」

となにげに言ったら、段ボールで送ってきてくださった。

なんとも厳かなビーフンが大容量。

「新竹米粉先祖」

と書いてある。

ありがたや。

新竹のビーフンを、現地の屋台で食べたときの感動は忘れられない。

これまでのビーフンの概念を塗り替えてしまうほどのおいしさ。

麺一本一本が自己主張しているようにコシがある。

肉のそぼろのようなものをかけて食べるのだが、その絡まり具合が絶妙。


いつぞや、ビーフンの工場をTVで見たことがあるが、

手作りで、風にさらして乾燥させる、昔ながらの製法。

職人さんたちは、重労働という感じだった。


心していただこう。

photo:02


この透明感とツヤは、おそらく世界一。

今日の昼は、野菜炒めと混ぜ、鰹節をかけて、さっぱり酸味のある焼きそば風に、テンキが料理。

次は、サラダでいこうか・・・。

新竹のビーフンやさん、いい仕事されてます。

Mさん、謝謝。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail