昨日と今日は…

2012-01-21
photo:01

                (一面のパイナップル畑)

大学院のレポートも終わり、1カ月の冬休みに入った。
以前から、行こうと思っていて、2年間行っていなかった、
シミ取りに、なでしこ夫人の案内で向かう。
シミ取りといっても、洋服のシミ取りではない。
お顔のシミ取り。
かつて、アフリカや東南アジアでUVもせずに、
ジリジリ焼けるような直射日光に当たっていたからか、
私の頬には、あちこちに、薄いシミが……

今日は、相談だけのつもりだったが、
「ちょっと化粧をとってみてみましょう」
「いまから、やりましょう」
という流れで、ほんの2、3分で施術が終わった。

レーザー治療の間、ジージーという音がして、皮膚が焼ける臭いが……。
刺すような痛みを伴う。2、3分が限界かも。
私のシミは顔全体にあるため、3回はかかるらしい。
今回は、左頬だけ10カ所ほど。
終わった後もヒリヒリ。
かさぶたができて取れるまで
今後、2週間は化粧もできず、直射日光もダメ。
あぁ。家で執筆に専念しよう。
何人か人に会う用事があるが、
こんな顔でも許してくださるだろうか……。

photo:02


その後、なでしこ夫人と、近所のコストコでショッピング。
旧正月前とあって、大混雑。
なでしこ夫人も家族のために、うれしそうにお買いもの。
私はチョコとピザを買っただけだったが、なでしこ夫人が大好きなコストコが
どんな場所かはよくわかった。

photo:03


そして、今夜は、海くんが、かつてのクラスメート、隼人くん(台湾人)を
連れてやってきた。
台湾的お正月の食材で、おしゃべり。

photo:04

北京ダックは、さっぱりしていて、コクのある感動の味。

photo:05

こちらは、極上の台湾産カラスミ。
ほかにも、魚、海老、果物など。
贅沢に、たんと味わった。

二人とも、十分結婚してもいい年齢だが独身。彼女ナシ。
話題は、恋愛のこと、家族のこと、年金のこと、台湾のお正月、日本との習慣のちがいなど。
隼人君の好みは、新垣結衣。背が高くて、かわいい女子。
海くんは、「結婚するなら、顔は関係ありません」などと言いつつ、
「結婚してケンカになる原因はほとんどお金なので、男は経済力は大事」
という部分では、二人とも一致していた。

また、彼らは、日本人がいつまでも残業をやっているのが理解できないらしい。
定時が5時なら、台湾人は、5時になると同時にさっさと帰る。
できるだけ早く帰って、自分の時間や、家族との時間が欲しい。
それは、あたりまえのことだ、と。
いきなり残業を言い渡されても、上司に「できません!」とはっきり断るか、
適当な理由をつけて帰るらしい。

どうでもいいようなテーマで、話は尽きない。
が、こういうのが楽しいんだよね。

よし。化粧ナシでも人に会うのに慣れてきたぞ。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail