東京出没&「薫之園」

2008-10-02

昨日と一昨日、東京に行った。

昨日は講演DVDの撮影。

人があんまりいないところで、

カメラに向かって話すって難しい。

これもいい経験。

終わった途端、またやりたくなった。

2回目はきっとうまくできるはず。


終わった後、はにわっちと合流。

はにわっちのライター仲間が最近開いたという長屋カフェ「さと和」に行く。

http://blogs.yahoo.co.jp/nagayacafe

長屋を改装した、とーってもセンスのいいお店だった。

私たちと近い年齢というのに、大学を卒業した後

ずっとフリーライターをして成功している

はにわっちの友に興味津々。

フリーライターでマンションやお店まで持てちゃうなんてカッコよすぎ。


一昨日は、セミナーの飲み会でたまたま近くの席になった4人が

ふと、ひとつの目標に動き出して、そして1回目の会合。

とっても刺激的なひとたち。


そこで、話題になったのが、

私が台湾屏東で最後の夜にいった「薫之園」。

http://www.ptherb.com.tw/

1年半前に行ったときは、ハーブ園と小さな喫茶店だったのが

とっても大きなレストランになっていた。

禁酒禁煙だが、土日は予約しなければ入れないほどの繁盛店だ。

店主の呉さんは、30代と思われる素敵な男性。

前に私が訪ねたことを覚えていてくれた。


081002-1

後ろ右から2番目が呉さん。

従業員は50人で、半分は片親の若者たち。

レストランの建物も野菜も、すべて自分たちでつくっているそうだ。

みんなとっても自然な、いい笑顔。

仕事がとっても楽しくて、

興味のあることを勉強しているという。


ほかにも、自然環境を大切にしたり、

障害者や貧困の人のために募金活動やボランティアをしたり、

地域のお年寄りの知恵を借りたり・・・・・・

と、いろいろな活動やイベントをやっている。

とっても素敵なレストランは、

若者が18日間でつくったそうだ。


081002-1

滝や庭園、照明、オプジェ・・・・・・

すべて自分たちで考えて。

ほんと、楽しそう。

農園や牧場、レストランのメニュー、建築や造園など

どこで覚えたの?と呉さんに聞いたら、

「外国の本を読んだり、あちこちに見に行ったりして、自分たちでやってみました。

みんなで成長したい!という気持ちがあるから、できるんです」。

たぶん、彼に「不可能」って概念はないんだろうな。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail