格差社会の始まるとき・・・

2012-02-18
photo:01



台湾に帰って最初の外食は、なぜかパスタやさん。

びっくりするほど美味しく、ラッキー感まで味わう。

帰宅して散歩に出かけようとしたら、ちょっと風邪気味だということに気付いた。

気温差が激しかったからか。

無理をしないで、お風呂でも入ろう。

さて、先日、高校時代の恩師が言っていたことで、ずっと気になっている言葉。

「大学を選ぶときから格差は始まり、

 就職した時点で決定的なものになる。

 途中で脱落したら、なかなかチャンスはない。

 逆転は難しい世の中になっている」

オマエたち(つまり、私たちのこと)のときとは、ちがう時代になっている。

格差は収入だけでなく、「情報の格差」にもつながってくる・・・と。

私ももっと時代を学ばねば、と強く思う。

人生はひょんな拍子で転っていく。

転がり落ちるのは簡単だが、転がって上っていくのは、多かれ少なかれ、エネルギーが要る。

でも、不可能なことではない。

自分自身のエネルギーと、まわりのエネルギーをどう組み合わせて使うかが鍵。

テコの原理とか、合気道の精神ように、エイヤッと「気」を入れるタイミングと。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail