歩きながら、考えよう。

2012-01-08
photo:01



運動不足で、とにかく、歩きたい!というキモチになって
夕方、大学の近くの大きな公園みやってきた。
郊外にあるのに「都會公園」という不思議な名前。
思ったより、ずっと広くて、3分の1ほどぐるりと回るだけでも40分。
森や、大きな池、噴水、川、展望台などがあって、夜9時まで開いている。
こんな素敵なスポットがあるなんて、知らなかった。
同じ大学のコたちは、ココで、デートなんかしていたのかもしれない。

photo:02

途中、遊具があったので、ブランコを漕いでみた。
ココのブランコは、座る板が弓状になって曲がる。
ビュンビュンと、足のバネを使って、大きく漕いでいると、すっきりした気分。
ひゃあ、これはいいわ。

そして、また、歩く歩く・・・。
歩いているうちに、いろんなアイデアが浮かんでくる。
「歩く」という体を使った行為で、潜在意識も鮮明になってくるよう。
「そうだ!」ということが、ポン!と頭から出てくる。
すぐにメモしたい気持ち。
次からは、小さなメモ帳をもって歩こう。

歩きながら考える・・・
これは、人生も同じか。
ある本のタイトルでも、あったな。

ただし、ウォーキングのときは、ひとりで歩くことが大事(私の場合)。
孤独から、自分自身の力は生み出されてくる。
本当の自分の気持ちにも出会える。

そういえば、話はそれるが、小学生のとき。
片道2キロを歩いて登下校していた。
今日は、どんなことに出会うんだろうと、毎日が冒険だった。
牛に会ったり、おもしろいおじさんと知り合いになったり、
春、おたまじゃくしが川にたくさん生まれているのを発見したり。
まっすぐに歩くより、寄り道や、道を外れることに、
おもしろさが潜んでいることを教えられた。

台湾では、ひとりで通学している子供をほとんど見ない。
校門まで、親がバイクや車で送り迎えする。
治安の問題もあって仕方がないのだろうが、
子どもがひとり、または子供同士で冒険できないのは、
少しかわいそうだと感じてしまう。

photo:03


さて、帰りに、「大力果汁」というジュースやさんで、ジュースを購入。
キウイ、バナナ、パパイヤ、葡萄、ミックス・・・。

今日、選んだのはこれ。

photo:04


パッションフルーツ。
この香りと酸っぱさがたまらない。

photo:05

そうだ。これから、運動不足解消も兼ねて、近くの公園を歩こうと、
ウォーキングシューズを買いにやってきたデパート。
すでに、2週間後の旧正月用の飾り付けが華やか。

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail