満月の夜。蝶がとまる恋の花

2008-08-18

近所のカフェにお茶しに行った。
メニューに見つけた「蝶恋花」。
「蝶」を分身(?)だと考える私は、「蝶」がつくものには、つい目がいっていまう。
「蝶恋花」・・・時間を置くと、葉が開いて、中から紅い花にとまった白い蝶が現れる、中国茶。
080818-1
独特の甘い香りがあって、ちょっぴり、ほろ苦い。
まさに恋の花。
このお茶、どうして、「恋」という字が入っているんだろう。
「蝶花」ではなく。
蝶が恋する花?
命名した人はどんなきもちだったんだろう。


旅する蝶の恋は、いつも甘くほろ苦い。

きっと。

080818-2


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail