私、バブル世代です『バブルの遺言』

2010-09-26

MAYUMIの旅びと生活。
先日、遊びにきたみずきちゃんが、バブル世代のお母さんに言われたそうです。

「あんた、アッシーくんぐらいいるんでしょうね」

「なにそれ?」
アッシーくん……わかります、わかります。
だって、ワタクシ、女子大生から20代後半に突入するときまで、バブル期を過ごしたんですから。
「アッシーくん=足・車で送り迎えしてくれる男性」
「メッシーくん=飯・ご飯をおごってくれる男性」
女子大ではよく
「ねぇ、昨日の人、カレシ?」
「まさか~。アッシーくんよ。カレシは別にいるわ」
なんて会話がされていましたっけ。
あのころの女子大生ブームで、みんな着飾ってキラキラしてたような。
(私はジーンズにTシャツの貧乏学生でしたが……)
日本中が、やたらと遊んで、やたらとお金を使っていた時代。
そんな時代を生きてきた世代へのインタビューが『バブルの遺言・全員が勝ち組だった時代に得たものとは』(大宮冬洋)に書かれています。
http://mayumi-arikawa.com/wp-content/uploads/images/blog_import_5963608be9add.jpg
ちょっとびっくりするようなことも……
●事務所の大掃除をしていたら机の下に百万円の束が落ちていた
●赤のアルファロメオと白のポルシェが「紅白」で迎えにきた
●顧客1人につき三百万円の接待費。問題なし!
●「キミ? 長野県出身、私もだよ」で出正社員採用
●一度信じてもらえたら、ビルでも飛行機でもなんでも売れた
こんな話だけでなく、意外と深い教訓も。
実は、私のインタビューも仮名で出てきます(わかる人にはわかります)。
著者の大宮冬洋さんは、「失われた10年」といわれるロスジェネ世代。
就職氷河期で苦労した大宮さんと、バブル人の掛け合いがおもしろいです。
大宮さんは日経ビジネスオンラインの人気記事『ロスジェネの叫び!』でも有名なライター。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20080702/164218/
食生活を記録したブログ「実験くんの食生活」もなんだか癒やされます。
http://syokulife.exblog.jp/
私がバブル時代から得たのは……・
運がよけりゃ、すんごい大金を手にして、すんごく面白い経験ができると信じていること。
どんな夢のような時間も、ずっとは続かないとわかっていること。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail