終電に乗れず・・・

2009-10-02

先日、東京で食事をしたとき
あまりにも楽しくて、東京を出たのが12時すぎ。
今日は横浜駅東口のスカイスパに泊まってしまおうと
歩いていたら、20代のお嬢さんが話しかけてきた。
「すみません。東口に泊まれる場所があるって聞いたんですけど。。。」
「ええ、ええ。私もこれから行くところなんです。
一緒に行きましょう」
そして、スパまでご案内した。
まるで同行者のように、おしゃべりしながら。
都会では、なかなか話しかけられることがないけど、
なんだか、うれしい。
台湾の屏東駅の階段を、重いスーツケースをもって
歩いていると、きまって助けてくれる人が現れる。
あれもいいなぁ。
そうそう。茅ヶ崎の「えぼし号」というバスでは
お年寄りに席を譲ったり、子どもに話しかけたりして
温かい雰囲気。
知らない人でも、なんとなく会話したり
助け合ったりする雰囲気があったら、
乾きぎみの世の中が、少しうるおって、
やさしいキモチになれる人が多いかも。
救われる人だっているかもしれない。
そんなことを最近、ふと考える。
きっと秋だからだ。
MAYUMIの旅びと生活。-091001

△近所の落ち葉


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail