自分の頭で考えよう。

2009-03-02

先日、尊敬する70代の男性が、こんなことを言っていた。
「私は人がなんといっても、
自分の目で見たものしか信じないし、
自分で納得したことでないとやらない」
これまで、とても大きな仕事をしてきて、
人としてもスケールの大きな器をもっている方だったので、
この言葉はずしんと響いた。
同じことを、最近、繰り返し、自分に言い聞かせていたからだ。
私は以前、周りの人や情報に振り回されて、
「なにが本質なのか?」
「なにが真実なのか?」
「自分のすべきことは?」
「優先事項は?」
など、いろいろなことが見えなくなることがあった。
でも、周りの声は参考にしても、
すべて信じることはないのだ。
たとえば。
マスコミでバッシングされている人。
面白おかしく揶揄されている人。
否定されていること。
伝えようとしないこと。
信頼できる情報を選んで重ね合わせ、
自分なりに、その本質はなんなのかと考える。
が、やはり自分で実際に見たことでないとわからない。
ときに周りの人が、「あの人は~な人なのよ」とうわさをすることがある。
でも、実際に会ってみると、自分にとっての印象はまったく違うことだってある。
インターネットやテレビで世界の国の情報を集めても、
その場所に行くと、想像もしない世界があったりする。
つまり。
ただ人のいうことや、流れてくる情報を受け入れて、
「あーそうなんだ」
「そりゃ大変だ」
と一喜一憂するのではなく、ときには
「そうなのかな?」
「本当のところはどうなんだろう」
と疑問に感じてみる。
「人の頭で考えたこと」でなく、
「自分の頭で考えたこと」を信じる。
さらに突き詰めると、
「自分で直感的に感じたこと」
を信じる・・・
「自分」をもっと信頼しよう。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail