茴香戀戀溫泉會館(四重渓温泉)

2012-08-01
photo:05



雨の日が続いている。が、ちょっとだけ、どこか行きたい。

どこか行くところはないだろうかと考えて

「雨といえば、温泉ではないか!」

と思いつく。

そして、夕方近くになって向かったのは、屏東縣の四重渓温泉。

日本統治時代からある古い温泉街だ。

昭和天皇の弟君の高松宮宣仁親王がハネムーンに訪れたという地。

(詳しくは、平野久美子先生の『高松宮同妃両殿下のグランド・ハネムーン

に書いてある)

http://www.amazon.co.jp/%E9%AB%98%E6%9D%BE%E5%AE%AE%E5%90%8C%E5%A6%83%E4%B8%A1%E6%AE%BF%E4%B8%8B%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3-%E5%B9%B3%E9%87%8E-%E4%B9%85%E7%BE%8E%E5%AD%90/dp/4120034941/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1343765336&sr=8-1


さて、温泉村のあたりは、パイワン族の人々が多く住むのどかな集落。

温泉旅館が密集していて、どこか懐かしい雰囲気である。

今回は、以前、訪ねたことのある「茴香戀戀溫泉會館」に。


ここは、プールのようなスパ(水着をつけて入る)、

男女別の温泉(裸で入る)

家族風呂がある。

photo:01


↑ここは、水着をつけて入るスパ(男女混浴です)

photo:02


↑こちらは、裸で入る男女別の温泉。写真が撮れなかったので、ロビーの看板より。

「タオルを準備しなさい」という日本語、合ってはいるんだけど、ちょっと乱暴です・・・

今日は、普通に裸で入る温泉(半露天)に入ったが、

夕方だったため、蚊の襲撃に合うことに・・・。

外で涼もうとすると、すぐに蚊が集まってくる。

30分ほどお風呂に浸かって退散。


泉質はヌルッとしていて、肌がしっとり。よい感じ。


帰り際、家族風呂も見せてもらう。

なぜか普通のダブルベッドがあって、お風呂がガラス張り・・・という、まさにラブホを小さくしたような作り。


ベッドがない部屋は45分600元、

ベッドがある部屋は80分1200元という価格設定が

なかなかおもしろい・・・。

photo:03


photo:04


【茴香戀戀溫泉會館(四重渓温泉)】


屏東縣車城郷温泉村大梅路1-16號

TEL 08-8824900

http://www.fennel.com.tw/

iPhoneからの投稿


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail