西拉雅(シラヤ)の旅6 【尖山埤江南渡假村】

2010-06-20
MAYUMIの旅びと生活。-100620-8MAYUMIの旅びと生活。-100620-7MAYUMIの旅びと生活。-100520-4MAYUMIの旅びと生活。-100520-6MAYUMIの旅びと生活。-100520-5MAYUMIの旅びと生活。-100520-1MAYUMIの旅びと生活。-100520-2MAYUMIの旅びと生活。-100520-3

西拉雅(シラヤ)の旅の続き。

宿泊したのは、尖山埤江南渡假村というリゾート施設。ここは、西垃雅国家風景區にある7つのダムのうちの一つ、尖山埤ダムをぐるりと囲むようにある。

 尖山埤ダムは1938年に完成し、主に台湾製糖の工場用冷却水、サトウキビ畑の灌漑用として使われた。1997年、台湾製糖が業務を停止した後は、観光用として、安らぎの場所を提供している。
ホテル、コテージ、バンガローなど、さまざまな宿泊施設があり、とにかく広い。
一緒に泊まったすみれちゃんと、深夜、散歩にでかけたが、あまりにも広くて、大きさを把握できなかったほど。
水面に突き出たようなコテージもあり、韓国映画『イルマーレ』に出てきた、海に突き出た家を思い出す。ここに泊まったら、きっと、湖の中に浮かんでいるような感覚になるのではないだろうかと、勝手に想像する。

スタッフのサービスが行きとどいていて、設備も充実。安心して泊まれる高級リゾートだった。


翌朝、ダムを散策する遊覧船にり込む。静かで美しい湖畔のようで、とてもダムとは思えない。
特に霧が立ち込めた、山水画のような風景は「尖山霧雨」と称され、景勝地として有名とのこと。
猿だけが集う小さな島があったり、巨大噴水があったり、老兵と年の離れた夫人が世間と隔離されて住んでいた伝説の家があったり……と、ちゃきちゃきの女性ガイドさんが楽しく説明してくれた。
どこか異空間、いや、異次元に迷い込んだ感覚になる。
人は、水がある風景に、どうしてこんなに、ほっと癒やされるのだろう。それは、きっと私たちの祖先が水からやってきて、どの時代も水を追い求めてきたからではないだろうか。
尖山埤江南渡假村
http://www.chiensan.com.tw/
736台南縣柳営郷旭山村60号
TEL 06-6233888


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail