謝謝、台湾

2012-03-11


台湾で、日本からのCMが流れている。
大使館にあたる日本の窓口、日本交流協会が企画したものだそうだ。
上の映像では、同じようなものが何度も流れているが、
ちょっとずつちがう。
後半の、漁師のおじさんの姿にしんみり。
1年前の震災で、台湾人のすごさを思い知らされた。
去年、震災が起きてから、人々はすぐに動き始めた。
あのとき、震災で呆然としていた日本人より動きが速かったかもしれない。
すぐに学生たちは、自主的に募金活動を始め、
子供たちも、日本に向けて励ましの手紙を書いた。
救助隊は、避難活動に加わろうと、すぐに被災地に乗り込んだ。
2週間も経たないうちに、テレビ局が合同で長時間の
チャリティー番組を放映し、人気歌手やタレントたち、
総統が募金を呼びかけた。
それぞれが、自分の場所から、できることを探して、動いていた。
台湾で集まった義捐金は200億円に上る。
いまは、ほとんど震災の話題はなくなり、それも当然だと思っていたが、
先日、テレビに、一人、日本でも仕事を辞めて、
被災地でボランティアを続ける若い台湾人女性の姿が映し出された。
「台湾人も、日本人もない。困っている人がいたら、助けたい。
 私は、日本語がよくできないけれど、気持ちがあれば、
 やれることはある……」
お年寄りたちの仮設住宅を一軒一軒回り、食糧や衣類など支援物資を届ける。
すでにお年寄りたちと顔なじみ。
気難しそうなおばあちゃんも、
「彼女は、私たちがなにが欲しいのか、本当によくわかっているの」
と嬉しそうに話していた。
「困っている人がいたら助ける。あたりまえのことでしょう?」
台湾で暮らし始めて2年。
私自身、何度、その言葉に助けられてきただろう。
いろいろな場所で中国語が話せず困っていたときに、
見知らぬ人から助けられたとは、数えきれない。
本当に大切なのことなのに忘れがちなことを、教えてくれる台湾。
謝謝、台湾。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail