近況あれこれ。

2009-08-08

ちょっとブログをサボってしまった。
最近、うれしかったことといえば、
やはり、新刊が好調なこと。
(すみません、またこの話題で)
先日、私の本に手書きポップを作ってくださったアルバイトの方がいるというので
有隣堂アトレ大井町店にお礼に伺った。
アルバイトの方はちょうどご不在だったのだけど
とってもかわいらしいポップがついていた。
MAYUMIの旅びと生活。-090808-1
このコメントがよくできているなぁと思う。
「キャリアを積み重ねだ30代女性はたくましい!
不安や焦りもあるけれど、自分らしく生きるための準備をしましょう。
平均値なんてない。
自分のものさしで生きてゆこう。
あれこれ悩むより、まずactionを!
Have fun, chances have come.」
なんて素敵なことば。
ありがとうございます!!!
明日香さんがつくってくださったポップも
結構目立つ。↓
MAYUMIの旅びと生活。-090808-2
なんとこの書店では、先週の総合3位。
ビジネス書1位。
MAYUMIの旅びと生活。-09808-3
ちなみに総合1位から順に
1 『1Q84 下巻』 村上春樹
2 『ころころろ』 畠中恵
3 『働く女! 38才までにしておくべきこと』 有川真由美
4 『日本人の知らない日本語』 蛇蔵&海野凪子
5 『1Q84 上巻』 村上春樹
なんだかすごいラインナップ。
ちょっとしつこいけれど、あまりにもうれしかったので、ご報告。
それから、時間ができたので
横浜の近所の映画館「ジャック&ベティ」に『台湾人生』を観に行った。
MAYUMIの旅びと生活。-090808-4
私も取材してきた台湾の日本に熱い想いをもっている
お年寄りのお話。
「戦前の日本に感謝している。
でも、どうして、日本は台湾を見捨てたの?」
台湾のとうさん、かあさんたちの
やりきれない想いが伝わってくる。
そう。台湾のお年寄りたちは、本当にこうなのだ。
予告編も観るだけでも、十分、伝わるものがあるので
興味のある人はぜひ。
http://www.taiwan-jinsei.com/
大家さんの、としさんは暑いのに毎日、草取りをしている。
まるでお仕事のように。
でも、楽しそう。
としさんは、80才過ぎても、ひとりで海外の僻地に行ったり
英語を勉強したり。
とってもチャーミングな女性。
足が悪いけれど、つえと電動カ―でどこにでも行ってしまう。
としさんの辞書に、不可能という文字はない(と思う)。
MAYUMIの旅びと生活。-090808-5
としさんは、自分所有の私道で、犬の排泄物が多いのが、悩みの種。
散歩の人がそのまま放置しているのだ。
たまりかねた、としさんは芝生を刈って字を描いた。
「犬のトイレにしないで」
としさんの、ウィットに富んだ抵抗……。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail