風水で清まったか!?

2010-05-03

 台湾では、方位学というべき「風水」にこだわる人が多い。
 「郷に入れば、郷に従え」で、風水のR先生ともご縁があったので、なんでも試してみよう!と、先週来てもらった。
 今週は、お清めと商売繁盛(?)の儀式のようなもの。
 日本でいうと、地鎮祭とか、お祓いにも似ていてるような。
 台湾でよく、お店の前や道端で、紙のお金(もちろん、偽物)を燃やしている姿を見るけれど、それと同じような儀式だった。
 果物を用意して、線香を供え、紙のお金を燃やす。
 各部屋を回りながら、日本語のお上手なR先生が
 「鬼は外へ出て行け~、幸福は中へ入れ~」
 と、少量の水をまく。
 「先生、それを言うなら、『鬼は外、福は内』では。 といいますか、台湾の神様に、日本語が通じるんでしょうか」
 と、友人なでしこさんと私。
 「大丈夫、大丈夫。神様は心で通じます」
 なるほど。
 その後、商売繁盛にいいという、石がくるくる回る置物を買いにいった。
 そういえば、この置物、台湾のお店や家でよく見るなぁ。
 R先生は、風水、暦学、四柱推命、人相学……と、いろいろなスキルをもっている。
 これらは、すべて統計的なもの。
 日本を離れるときも、日本の占術学会の権威である先生とご縁があったっけ。
 不思議と、最近、そのような方々が引き寄せられてくるのは、なにか意味があるのだろうか。
 それとも、私が心の奥底で求めている!?
 大学に行くより、R先生に弟子入りしたほうが、人を見る目が養われて、勉強になるんじゃないかと心が動く。
 いやいや、大学もがんばらなきゃ。
 ともかく、家を清められた後は、不思議と気分がすっきり。
 さ。今夜も仕事がんばろ。
 
MAYUMIの旅びと生活。-100503-1MAYUMIの旅びと生活。-100503-2
↑水がくるくる回る置物(左)。ライトアップされてきれい。
書斎の机の位置も正確に合わせてもらった


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail