Arimayuの本棚『ダンナ様はFBI』(田中ミエ)

2008-12-23


「読んでもらいたい本があるんです!」

と、ある方からいただいたのが、

偶然にも取材でお会いしたことのある

田中ミエさんの本『ダンナ様はFBI』。


MAYUMIの旅びと生活。-img306.jpg

いつも取材する側の私が、

初めて受けた取材だったのではないかと思う。

朝日新聞の『あの人とこんな話』。

紙面の4分の1ぐらいの大きさ、しかも朝日新聞で、

ほんと「私を選んでくれてありがとう!」というカンジだった。


有川真由美の取材はこちら。↓

http://www.asakyu.com/anohito/?id=533

毎週のラインナップはこちら。↓

http://www.asakyu.com/anohito/


16年でしたっけ、この企画は続いているとか。

そのほぼ毎週のインタビュー(多くは有名人)を

ずっとライティングしているのが田中ミエさん。

大手メーカーをクライアントにもつコピーライターでもある。


とても聡明で素敵な田中さん。

私の本もしっかり読んでくださっていて、

取材の前準備、進め方も完ぺきだった。

私が東京に出てきたとき、

田中さんのような仕事人に会っていたら、

きっと田中さんを目指してがんばったかも。


その田中さんの本ということで

期待は高まった。そして期待を裏切らない内容。


面白い。


面白すぎ。


いえ、それだけでなく、

「え~? FBIってこんなこともできちゃうの?」

「なるほど、田中さんが素敵なのは、

このダーリンのオキテがあったからなのね」

と、びっくりしたり、ナットクしたり。


ちなみにダーリンのオキテの一部は

「スカートをはいて自転車に乗るな」

「初対面の人には時間差で2度笑いかけろ」

「つらいときはパートナーに甘えて乗り越えろ」

などなど。


そして、ご主人の愛のささやきは

Foe your Safety(きみの安全のために)」

やっぱり女を守ってくれるのは、男性なんだと

改めて思ってしまいましたわ。


田中さんと元FBI捜査官の結婚生活は、

爆笑ネタが満載。

いえ、笑えるだけでなく、

素敵な女性をつくるための啓発本でもある。

笑えて、素敵で元気になれるなんて、

ほんと、すばらしい。


読んで損はない・・・・・・

いえ、トクした気分になれる一冊です。


Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail