日本の旅

日本海!

2010-05-29
MAYUMIの旅びと生活。-100529_1157~001.jpg

特急はくたかが海沿いの線路を走っている。
富山に来たのは3度目。
いつも雲っている。
今日はどんな一日になるんだろう。
どんな人に出会うんだろう。

都道府県ランキングが気になる!

2010-05-06

 今回の帰国で、富山や埼玉で講演をする予定。
 まずは、どんな県民性かを知らなくてはと検索していて、このサイトにたどり着いた。
「新・都道府県別統計とランキングで見る県民性」
http://todofuken.ww8.jp/
都道府県別統計とランキングで見る県民性」
http://passageiro.blog54.fc2.com/
 プログラマーの方が調べて作成したデータ。
 どこからこんなデータ調べるの?と思うほど、いろいろなランキングがある。
 自分のいる県、出身県をクリックしてみて。
 ちなみに富山の都道府県ランキング1位は
☆衆議院比例代表・国民新党得票率(綿貫さんの影響?)
☆ブリ消費量
☆オートバックス店舗数(12軒)

 ほかに調べたところでは
☆世帯当たりの収入
☆持ち家率、家の大きさ
☆ご祝儀の額

などなど。
 埼玉県の都道府県ランキング1位は
☆教育費
☆ネギ生産量
☆マルエツ店舗数(57軒)
☆学習塾・予備校費用
☆パスタ・スパゲッテイ消費量
☆自転車保有台数

 鹿児島県の都道府県ランキング1位は

☆ブリ養殖量
☆現役力士出身地(38人)
☆酢消費量
☆灯油・ガソリン価格(高)
☆独居老人率
☆歩く速度の遅さ
☆パチンコ店舗数(ダントツ380店)

☆焼酎消費量(やはり……)

 書籍でも、こういう県民性や血液型、動物占い、四柱推命など、人をカテゴリー別に分けるものは、ウケル。
 多かれ少なかれ、だれもがもちたがる所属意識や共感をかきたてるものだからか。
 次は、どんな「くくり」が現れるのだろう。
MAYUMIの旅びと生活。-100506-1
MAYUMIの旅びと生活。-100506-2
↑高雄駅にて。観光列車とキヨスク(自販機がないので、冷蔵庫にズラリ)
台湾の鉄道は、日本のてっちゃんに秘かな人気。

家族孝行。

2010-03-28

鹿児島で両親と住んでいた弟が、名古屋に転勤になった。
弟の奥さんも仕事があるし、
一人娘も学校がある。
んで、単身赴任。
いま、引越し準備で忙しいらしい。
2年間の期限付きではあるが
家族がバラバラというのは、大きいことだ。
夫婦ともに忙しく、
数年に1回しか家族旅行をしていないというので
「台湾にお遊びにおいで! 私が招待するから」。
「え? ほんと? 旅行費用、出してくれるの?」
「そうよ」
弟は思いのほか、喜んでくれた。
あとは、お嫁さんが賛成してくれて、
スケジュールが合えばいいけれど。
弟の家族には、いつも両親の面倒を見てみらっているんだもの。
ほんの感謝のキモチ。
というか、罪滅ぼしのようなキモチ。
特にお嫁さんと姪に。
つい最近も、ガス器具が年寄りには危ないからと
二世帯住宅のキッチンとお風呂を
100万円以上かけてオール電化にしてくれたらしい。
それに比べれば、申し訳ないほど。
本当は両親にも来てほしいけれど、
病気でそんな体力はないし。
せめて弟たち家族に、数日でも骨休めをして
楽しんでほしい。
親孝行。
あまりできていないけれど、
桜の時期はよく、入院中の両親を
パジャマのまま車に乗せて
車窓から桜見物に連れていったっけ。
両親とも桜の花が好きだし、
幼いころは、いつも両親に連れて行ってもらったから。
去年も今年もできていない。
この時期、ソワソワ落ち着かないのは、
そのせいかもしれない。
せめて、せめて、たくさん電話しよう。
MAYUMIの旅びと生活。-100328-1

 

去年、横浜の家の近所で見た桜

行ってきます

2010-02-25
MAYUMIの旅びと生活。-100225_1815~001.jpg

これから高雄行きの
JAL便に搭乗。
もう行かなきゃ~
(((^_^;)
続きは台湾から。
行ってきます!
そして
ありがとう。
ここで出会った
大切な人たちに。
すべての出来事に。
\(^-^)/

感動のお弁当やさん

2010-02-24
MAYUMIの旅びと生活。-100224_1229~001.jpg

ランチしてコーヒーが飲みたくなったな~
とお弁当やさんを見渡すと
店の奥にコーヒーの
セルフサービス。
なんと10種類以上ものコーヒーが!
タダではないけれど
大容量で136円はお得感いっぱい。
せっかくなので
豆乳たっぷりのキリマンジャロを。
外で飲んでいたら
ぽかぽか春の陽気。
つかの間の休息。
さ。これから荷造りと、3月出版本の最後の仕上げ。
うー。
本当に明日行けるんだろうかと
思うんだけれど
なんとかなってしまうのが不思議。

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2017 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail