Blog

ここで仕事中。

2012-06-03
photo:01



気合いが入っていないのか、
中だるみなのか、暑さのためか、
昼間は集中しにくいため、
(昨日も書いたけど)

近所のスタバにやってきた。


じっとしていてはいけない。

気分を変えるためには動く。


それから、ワクワクするような目標を見つける。


無理に見つけているわけではないけれど、

自然に探していているようで、あるときふと

「そうだ! これだ。」

とひらめくことがある。


それだけで、心と行動が化学反応を起こしていく。

iPhoneからの投稿

北京ダックの店 「佳東」

2012-06-02
photo:03


店の前を通るたび、いつも行列のできている北京ダックの店。

テイクアウトの店だ。
そんなに美味しいんだろうか・・・と並んでみる。

photo:01


今日はまだ人が少ないほう。

いつもは、20人ぐらい並んでいることも。

photo:02



店頭にはアヒルがずらーっとぶら下がっていて、

400元で一匹。200元で半分。


「200元分!」

と言うと、アヒルをまずは半分にばっさりと割り、

目の前で、皮のあたりの肉を薄く削ぎ、

残りの内側の骨付き肉はぶつ切りにして野菜と炒めてくれた。

photo:04



北京ダック、甘辛炒め、餅、ネギ、たれたついて200元。

2人でも食べきれないほどの量。

photo:05


甘辛いタレは絶妙の味。

肉は・・・薄く削いだ部分は美味しいけれど、

炒めたものは、骨が多くてちょっと食べづらい・・・

味がすばらしい!とまではいかなくても、

200元にしてこのボリュームゆえの行列なのかも。納得。

それより、ばっさばっさとアヒルを手際よくさばくお姉さん、

火力の強いレンジの前で、肉を炒め続けるお兄さんの職人的な仕事ぶりに感動。

注文を受けるごと、一家族分ずつ作業するので、すんごいスピード。

それを見られるだけでも、価値あり・・・と思う。

photo:06



【佳東烤鴨】

高雄市鳥松郷本館路188號-1

TEL 07-370-0259

営業 10:30-20:00

iPhoneからの投稿

土曜日の午後

2012-06-02

週末にアップすべき原稿が3つ4つあるというに、
昼間はなかなか集中できず、だらだら。
夜12時過ぎると乗ってくるんだけど。
そうだ。以前、なでしこ夫人と行ったハーブガーデンのカフェでも行き、そこで本などを読みつつ、だらだらしようではないか!とクルマで出かける。

以前、ブログでも紹介したハーブガーデン「雅植歐洲香草園」

http://ameblo.jp/arimayu1227/entry-11144997852.html

photo:06



途中、こんなお寺。
台湾の道教には珍しい色彩。

photo:07



いまが旬のパイナップル畑。

photo:05



ハーブガーデンのカフェで読者。
なんだか、ぜいたくな気分。
かつ集中できるのよね。
だらだらするつもりが・・・。

集中するには、環境も大事。
外のほうが、気が散るものがない分、目の前のことだけに集中できる。
これから昼間は、図書館とかカフェとかでやろうかしらと本気で考える午後…
iPhoneからの投稿

大学院生活もやっと…

2012-06-01
photo:01


先週、高雄市の自転車ステーションのことを書いたけれど、

大学構内にも、だれでも乗っていい自転車がたくさん置かれている。


自転車の置き場所が、広い構内のあちこちにあって、

自動車の駐車場から学食、教室・・・と移動できる。

といっても、結構、いい加減に自転車はどこでも乗り捨てられている。

photo:02



いま、構内は、名前は知らないが、黄色い花が満開。

photo:03



えんどう豆のような、固くて茶色い実を付ける。


さて、6月になった。

2年間通った大学院もあと2~3週間で、授業が終わる。


修士論文を提出しないと卒業はできず、

もうしばらくかかりそうだけど(^_^メ)、卒業式は来週の土曜日。


卒業式は自由参加で、私は

「もちろん、参加するわよ。こんな機会、一生に一度だもの」

と参加を表明していたが、参加者はクラスの30人ぐらいのなかで、

5人だけ・・・らしい。


「卒業式に出なくても、卒業には関係ないし・・・」

「論文出してないから、卒業はまだかかりそうだし・・・」

とクラスメートたち。


そんなものなのね。

iPhoneからの投稿

着付けの授業

2012-05-31
photo:01



大学院の先生からの依頼で
学部生の1年生に浴衣の着付けをレクチャーする。
日本語学科には、畳の部屋があり、
浴衣セットも10着以上、そろっている。
浴衣を着せたあとは、写真の撮り合いになるのが、お決まり。
みんな、楽しそう。
いや、楽しんでばかりではいけない。
浴衣を着たときの立ち振る舞いなども一緒に話す。
正座して聞いてもらったら、痛そうだったな。
なにごとも経験、経験。
iPhoneからの投稿

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2019 有川真由美オフィシャルサイト All Rights Reserved. L

お仕事のご依頼や質問などは、こちらからお願いします。
担当者よりご連絡いたします。⇒Mail